2016年06月27日

一粒



DSC_0031.JPG

甘いもの大好きには たった一粒でも 大事な一粒。
キラキラ輝いています。

1人の個人から 家族 社会へと・・。
みんな一個から。
posted by ナカムラ建設 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

大きくなるエネルギー

この仕事で独立したころ 建材屋さんや 年配の同業の方から
頑張れ!のエールをもらっていました。
最近同じ地域・福川で 不動産屋さんをはじめられたY様。
一緒に支えておられる方と 志を同じに持ち 助け合い補い合いながら
一歩一歩進んでおられる。
お話される口調も穏やかで 繊細な言葉使い。
あの頃の私たちと同じ目線で 「これから」を見据えておられる。
自分達のことだけでなく 生まれ育った地域・・そして徳山・・と
「これから」は大きいけれど 足元をしっかり見ておられる。

遠慮がちに聞かれる建築の事も 私たちの知っている事なら何でもお伝えしたいし
そう聞かれることで 私たちもまだまだ頑張ろう!と意欲もいただくのです。
自分達の仕事をはじめられた大きくなるエネルギーはすごいなと教えられる。

今どきの若者は・・と言われながら・・私たちもこの仕事をはじめました。
時代も変わってきましたが 失われてはいけない初心の気持ち。
そんな忘れそうな気持を呼び覚ましてくださったお二人に感謝です。 
DSC_0030.JPG
2週間ぐらい前 娘がくれたひまわりの種を植えました。
植える時期が少し遅かったのですが
双葉が出て次の葉もこんなに大きくなりました。
こんな小さな中に 大きくなるエネルギーがたくさんなんでしょうね。
今日は娘の誕生日・・何歳になったのか・・数えられなくなりそうですが確か〇〇才。
元気ママで頑張ってよ!

posted by ナカムラ建設 at 07:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

親の介護のこと。

深夜の更新になりましたが・・なにかとバタバタな毎日です。
先日辞任された東京都知事だった舛添さん。
ご自分の介護体験を綴った著書『母に襁褓をあてるとき――介護 戦いの日々』は以前 
ベストセラーになったそうですね。
でも 複数のメディアが舛添氏の家族や介護施設関係者に取材をしたところ、
介護体験の多くは嘘だった・・と言う記事も。
介護をしていたのは姉夫婦で、舛添氏は月に1回程度、1時間ほど母親に面会に来ただけ。
施設に入所していますから、排泄の介助は職員が行い、
「舛添氏が母親のオムツを替えた経験はないのではないか」という証言もあったそうです。

雑誌だからいろんな言われ方をしますが 介護体験と一言で言いますが 
親の介護はとても言葉で表せないほど大変なもの。
親がお金を持っている場合は 見てあげる・・と介護を申し出る兄弟も多いらしいのですが 
お金が無くなると・・誰が見る・・ともめることも多いらしいです。
また おむつ替えなど男性がすることはほとんどないと思うし 
そうなると女性・・奥さんの手にかかることが多い。
いつかは 私たちも・・と、考えることは多いのですが 
親のため・・と本気で考えないといけない年代になりました。
DSC_0034.JPG
posted by ナカムラ建設 at 22:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする