2016年11月30日

夢をこの一枚に詰め込んで。

何十年か前の家には 応接室なるものがありました。
壁で仕切られた独立の部屋で 来客時には活躍しますが
それ以外は 空き部屋だったりしていました。
室内には応接セット(ソファとセンターテーブル)があったり腰までのサイドボードが置いてあったり。
懐かしい昭和が思い出されますが その後の家造りは変わりました。

今時は 来客と話しながらお茶を入れたり その部屋を出てお茶を入れてくるのではなく
話を切らすことなく お客をもてなされる、、は普通になってきました。
キッチンも対面式が多く 台所仕事をしながら家族の様子を見渡せたり、、と、
オープンになりました。

プランを考えながら その頃を思い出したり これからを想像したり、、。
いろんな家族の思いを一枚の図面にのせて 夢をたくさん詰め込んだ
プランを考えています。

71.jpg
posted by ナカムラ建設 at 07:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

もうすぐお引き渡し。

来月初めにお引き渡しを控えた 周南市 I様邸、
今日は外構工事の残りの生コンを打ちました。
もちろん施主のI様のスケジュールの合わしてのことです。
自分のできることは自分の手で、、ご主人様が家族のために力を発揮できる、、いいですね。
晴天も仲間に入ってくれました。
明日はトイレの棚や洗面所の収納棚、カーテン工事と、キリキリ間に合いそうです。

今年の夏は例年にも増して暑かったのですが
I様邸もエネルギッシュに工事を終えることができそうです。
お父様と息子さんのI様、二軒も工事を任せていただきありがとうございました。

I様邸に明かりが灯る日が楽しみです。

DSC_0257.JPG

DSC_0265.JPG
posted by ナカムラ建設 at 20:47| 周南市  I・N様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

プラン作り




13.jpg

義両親と再度一緒に住みはじめて一月とちょっと。
まだ介護が必要とは思わないのですが 手を貸すことは多々あります。
特に義母は足が悪いので2,3段の階段でも手を貸さないといけません。
廊下とかは歩行器を借りているのでそれをついて歩けますが
問題は帰ってきて家に入る階段だけに介助を必要とします。
家造りに関わっていると 介護など考えない若い時は手摺などいらないとか
段差があってもオシャレでいいから、、とか
その時だけを考えがちですが その時はそうでも何年か時が過ぎた時
余裕持ってリフォームができるということも必要かもしれません。

そして 主人が足を怪我した時
洗面所を使うのに 洗面所のボールの下は収納にしていましたが
収納はなくて車椅子ごとボール下まで行けるタイプがいいと思い
最近では収納なしも提案のひとつに加えています。
4.jpg


住んでみて 使ってみてわかったこともたくさんありますが
プランを考える時はいろんなことに思いを張り巡らせて
そして取捨選択、、大変な作業ですが
徐々に自分家らしくなっていく楽しみもあります。
posted by ナカムラ建設 at 08:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする