2016年12月26日

虹の架け橋

DSC_0014.JPG
クリスマスも終わり これからは迎春準備です。
周東の現場では 階段をつけています。
豪華な檜の階段材・・ここしばらくはなかった材料です。
新潟のお父さんに 一枚一枚丁寧に加工してもらった階段材を 
私たち職人の手で墨をつけ刻んで取り付けます。
DSC_0001.JPG
眩いばかりの光沢を放つ一枚一枚が取り付けられました。
2階に上がっていくのがもったいないほど きれいな檜です。
完成までは養生をします。
最近は 新築時に柱など古い感じを出すために わざと傷をつけたり 色を付けたりしますが
本来の日本建築はきれいに磨かれ 手で触ってもツルツルの柱に仕上げられたものでした。
この階段も施主様ご一家が毎日使われ 何十年と時を経て飴色になり経年変化を楽しんで古びる..
日本建築の醍醐味が これからはじまります。
いい材料をいただき 技術的にも初心に返る気持ちを出せて 
お父様やご施主様に感謝の気持ちでいっぱいです。
新潟と山口 父親と娘・・いろんな意味で虹のかけ橋のようです。
DSC_0008.JPG
posted by ナカムラ建設 at 06:59| A様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

Merry christmas

boxribon.jpg

朝 目が覚めると いちおう枕元を確認しましたが プレゼントは なしです。
子供のころは そこまでものプレゼントとかなくて ケーキを食べるぐらいしか
クリスマスの思い出はなかったのですが
子供たちが小さかった頃は 枕元にプレゼントを置いたりしていました。
子供たちは覚えているのでしょうか・・。
ある年のクリスマスには おもちゃ屋さんがプレゼントを配達してくれるというのがあり
頼んだことがあります。
夕方 まだ外は明るい時間でしたが 
サンタの格好をしたおもちゃ屋さんがプレゼントを持ってきてくれたのですが
それを見た子供たち トナカイじゃない・・とか サンタさん 普通の靴を履いていた・・とか
微妙な感想でした。
当時 子供たちを喜ばせようと 親も大変だったことを思い出しました。

昨夜の我が家はケーキはありましたが 義両親は 食べず 回転焼きでした。
N様邸からも 写真が来ました。
S君がお手伝いして生クリームを作ったり Tちゃんはイチゴの飾りつけ。
子供達にはいい思い出ができたことでしょう。
DSC_0123.JPG

この写真をよく見ると・・大みそかに2歳になるTちゃん。
一生懸命 2本指にしようと頑張っています。
posted by ナカムラ建設 at 10:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

年末の日々。

music16.jpg

子供たちがいないと 今年もクリスマスツリーは出さず終い。
せめてクリスマスケーキをと ケーキだけはある予定ですが・・。
昨晩のニュースでは一人でクリスマスをすることを「クリぼっち」と言うそうで
クリスマスと独りぼっちをあわせて「クリぼっち」と、言うらしいのですが
一人でも 家族でも 友達とでも・・MerryChristmas。
同年代の友達のとこも 普段と同じ一日と。
でも なぜか心躍るのは私だけではない・・はず。

今年も余すとこ 一週間になってしまいましたが
年賀状は どうにか間に合いそうですが まだ大掃除が残っています。
新しい年はきれいに迎えたい・・と思うのですが やり残しが出そうな気配。

昨日も周東の現場へ行きましたが 階段をかけています。
木のにおいが充満する中 黙々と作業が始まり 機械の音と時折通る岩徳線の音。
ここだけは年末の気配もなく ゆっくりと時間が流れて落ち着いた空間になっています。
posted by ナカムラ建設 at 07:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする