2017年11月24日

キッポ

山口ブログの 釣りアホ日記のブログ(http://turiaho.naturum.ne.jp/e3006327.html)を
楽しく読ませてもらっている。
萩の地元ネタなどローカル色豊かで面白く それでいて何となく懐かしい・・。
先日もキッポ・・と言う言葉、最近も使うのだろうか..と、笑ってしまいましたが
わかる人にはわかる・・裂創・・と言うか 傷なのですが。
私も両ひざにこのキッポがあるのですが この傷は 小さい時 海に行きカキの殻などで切ったもの。
当時は海でもあり お医者も近くにないので そのまま消毒ぐらいで治るのを待つ状態だったのですが
今なら2針か3針は縫合ぐらいの傷です。
まだ小学低学年ぐらいだったので 痛みもあったのでしょうが
親もそのぐらいの傷ではお医者にも連れて行かず 自然に治るのを待つのが普通でした。
自然治癒力はすごいものですが その傷は今でも消えず 
今は整形外科に行ったとき 膝を出すのが恥ずかしい思いもします。
お転婆と言えば その一言ですが キッポを見るたびに 懐かしい小さい頃を思い出していました。
釣りアホ日記のブログを読ませてもらうたびに 萩の風景や 地元の温かい人たちなど
思い出させてもらっています。
DSC_0034-thumbnail2.jpg
posted by ナカムラ建設 at 07:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

大工さんの日に思う。

昨日 11月22日はいい夫婦の日や回転すし記念日やペットに感謝する日・・
などごろ合わせからか いろんな記念日でした。
そんな記念日に紛れこんでなのか? 大工さんの日でもあったそうですが・・。
私たちの大工さんは 昨日は雨の中 上棟日でして
雨合羽を着て 高いところの作業でした。
前日はいい天気だったので 工事が早く進みましたが 
昨日は足元にも注意をしながらの作業・・ありがとうございました。
一緒に仕事する大工さんたちは 若い頃から師匠のところで修業を積んだ大工さんばかり。
年齢は70代から30代まで 幅の広い職人さんたちです。
和室の床の間などが得意な大工さんもいれば 階段が得意・・と、言う大工さんも・・。
手に職をつけていても 皆個性的です。
昨日は応援の大工さんもいましたが どこの工務店もいろんな意味で厳しいところが多いらしく
なかなか腕の見せ所がないのが現状のようです。
国の政策もハウスメ−カーや大手の工務店ばかり優遇ではなく
小さな工務店の大工さんたちにも 少しはスポットを当ててほしいな‥と思ったり。
それでないと職人がだんだん少なくもなってしまいそうです。
家造りも工場でできて組み立てるだけの家造りではなく
何人もの大工さんが 柱一本一本を組み 上棟をする・・
昔ながらの家造りを見直してほしいなと思ったりもします。

この団地は20年から30年前に建てられたお宅も多く どの家も広い庭に大きな家が立ち並んでいます。
昨日も小雨の中 年配のご老人が傘をさして遠くから大工さんたちを見てくださっていました。
きっとご自分の家を建てられた時を思い出しておられたんでしょう・・。
上棟・・と言う言葉もあまり聞かなくなりましたが 
昔からのこういう行事・・残していきたいな‥と大工さんの日に思いました。
こういう機会を与えてくださったご施主様にも感謝です。
DSC_0038.JPG
posted by ナカムラ建設 at 06:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

上棟

いい天気の昨日は 上棟前の建て方でした。
朝は 上着を着ていた職人さんたちも 仕事がはじまると 薄着になって・・
そして 外の仕事なので まだまだ色も黒く・・。

お清めの塩で清め
20171121080110.jpg
お神酒もお供えし
2017.11.21.jpg
いよいよ・・。
DSC_0034.JPG

DSC_0030.JPG

DSC_0042.JPG

そして今日は 11時前が満潮。
満潮前までに棟木をあげるのが風習となっています。
posted by ナカムラ建設 at 05:55| 周南市 K・H様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする