2018年01月31日

1月の終わりに。

寒さも今が一番・・といつも思うような冬真っ盛りです。
今日で1月も終わり 明日からは2月。
1月・・行ってしまいますが 待ってはくれません。
今日を大事に生きないと!
まだ雪交じりの日もありますが
先日は山間へ・・。
蝋梅がほのかな かおりを漂わせ・・もうすぐ春よ‥と言っているようでした。
季節は寒くても 春の準備をしています。
背中を丸めてばかりではおられません。
20180129125549.jpg

いつもブログを見ていただいて ありがとうございます。
今までに建築させていただいた家の写真をUPしながら
当時を懐かしんでいる私がいます。
本文とは関係なく写真をUPします・・ご施主様に迷惑をかけないよう・・。
posted by ナカムラ建設 at 07:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

90代の体力と。

我が家は ドラム式の洗濯機ではないのですが
先日はこの中へ入っての窒息死の事故。
小さな子供は 大人が考えているような狭い視野ではなく
思いもよらないところで事故がおきたりするものですね。

家の中の事故は大人でも多いらしく 
階段からの転落や風呂の中での突然死 入浴後などは 今騒がれている ヒートショック。
今のように寒いと早くから部屋を暖めて
洗面所も温めて風呂の中も温めて・・と 万全を期していますが
それでも 体力のないお年寄りには きついようです。
先日も家の風呂の換気扇が壊れて 数日湯気で煙った中での入浴でした。
その時に思い出したのが 
昔私たちが子供のころの風呂事情。
当時は風呂は離れのように 外にありました。
もちろん 蒔きで焚く 五右衛門風呂です。
窓ガラスも複層ではなくシングル。
換気も小さな換気扇があればいいほうで隙間風で換気だったような・・。
それでも元気に育った 幼少期ですが
あの頃を今に当てはめては到底暮らせないなと思っています。
ボタンひとつで 換気ができ お湯はり 温度調整・・便利な時代になりすぎていますが
時々 あの頃が懐かしくなります。
そうして育った 義父の年代は戦争を知り体力的にも鍛えられたのでしょう・・
少々のことではへこたれない耐力。
私達の方がその点では負けていますが・・。
今でもご飯山盛りのお代わりをし 元気そのものです。
やっぱり若い時にもっと鍛えないといけなかったか?!・・と ふと思いますが。

DSC_0050.JPG
posted by ナカムラ建設 at 08:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

入居後。

クロス工事真っ最中の周南の現場ですが 
職人さんがちょっと現場を離れ違う現場へ行かれました。
この職人さん ハウスメーカーや工務店など請け負って工事をされているのですが
某メーカーさんの補修だったそうです。
ハウスメーカーさんでも どこもそうだと思うのですが
新築しお引き渡しをした時が最高にきれいな時で
その後はいろんな場所を点検すると・・クロス工事など微妙に継手が目立ってきたリ・・。

木造住宅だと 柱や梁などの構造体は竣工してからも実は微妙に動いています。
もちろん地震国日本だから地震の時だけでなく
躯体である木も 冷房や暖房で乾燥したり、湿ったりして多少は動いています。
無垢材を使う場合はなおさらですが、集成材を使っている場合も多少は動いているそうです。
つまり柱や梁などの構造体が動くと、それにつられて下地も動き、ボードも動くために、
表面の壁紙クロスが割れてしまいます。
こういうことは 竣工後数年経つと落ち着いてきます。
お引き渡し後1〜2年のうちがこの種類のひび割れというのが最も多いのではないかと思います。
また引き戸やドアの周り、サッシなどもそうですが
重いサッシを閉めたりするとどうしても当たるところも振動し響いてきます。

それでもひび割れは気になるもので
構造的に問題があるのでは?とか思いがちですが
そんな時は連絡ください。

数年前 家を建てられる時の説明をさせてもらったのですが
柱が パリッと割れる音がする。。とお客様から電話がありました。
柱が割れて 家が崩れると思われたのか。。すぐ伺いましたが
柱も新築時 乾燥しているものを使っても水分も残っています。
柱が冷房や暖房で乾燥するのです。
その後リフォーム工事もさせてもらい今もきれいに住んでおられます。
不安なことは ご連絡ください。
DSC_0163.JPG

posted by ナカムラ建設 at 08:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする