2018年03月16日

心から。

昨日 六七日を迎えた 亡義父。
早いと言えば早いですが 来週は納骨です。
昨日は ご住職様にゆっくりお話を聞いていただくことができ
穏やかな気持ちで これからを迎えることができそうです。
義父が亡くなってからのこともお話し
どうすればいいのか 教えを乞いたかったので 包み隠さず言ったのですが
ご住職様のお言葉は
「お父様に感謝してください。」の一言でした。
姉弟3人 みな裸で生まれてきて ご飯を食べらせてもらい大きく育ててもらい
洋服を着せてもらい 学校にも行かせてもらい・・と、
それまでを聞きながら 何度も頷き・・胸が詰まる思いでした。

感謝・・いつも忘れてはいけない言葉ですが
口先だけで感謝の気持ちを表すのではなく
心から感謝の気持ちを言えるようにならないといけません。
まだまだ修行不足です。

昨夜からの雨が 気持ちの中の埃まで流してくれたようです。
きれいな気持ちで これからを過ごそうと思います。

DSC_0076.JPG

posted by ナカムラ建設 at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

想いをつないで ひろげ・・。

先日 なっちゃんが学校帰りに見つけてくれた四葉のクローバー・・。
携帯からパソコンへは移動できなくて
せっかく送ってくれたのに 新芽の四葉のクローバー・・見せてあげたいですが残念!

ウッドデッキで恥ずかしそうに カメラに収まってくれるなっちゃんは この3日で10歳。
出会ったころは お父さんやお母さんに抱っこされ 
私が話しかけると とっても恥ずかしそうに
抱っこしようと手を広げると お母さんのところに戻ってしまうほど
シャイな女の子でした。
幼稚園に行かないと・・お母さんを困らせたあの時期もすぎ
今は 活発なお嬢さん。
過ぎた月日は あっという間ですが
今でも覚えていてくれるって 嬉しい。
家造りも 私たちもとても楽しめる 職人をもっとやる気にさせてくれる
一棟入魂の家造りでした。
今でも思い出す 前の家での縁側での家族写真。
後ろに映り込むお父様の遺影が 嬉しそうな笑顔でした。

先祖からの想いを残されたお父様お母様。
躾のひとつひとつを 暮らしの中でつなげ
それを聞いては 今でも教えてもらっています。
「人のふり見て 我がふり直せ。」
まだまだこの年になっても教えてもらう事ばかりです。

4.155.JPG
posted by ナカムラ建設 at 07:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

家造りと子育てと・・。



「家の作りやうは、夏を旨とすべし。冬は、いかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居(すまひ)は堪え難き事なり」。

兼好法師『徒然草』の中でも広く知られ、日本の住まいづくりにはこの言葉がよく用いられ
基本としてきたところもありますが・・。
「夏を“旨とする”住宅の作り方は、いくつかの問題があります」と前真之・東京大学准教授は語る。
・・と言う記事。

環境省がZEH住宅を進めていて
夏涼しく冬暖かい・・太陽光発電も備えて 補助金がもらえて・・至れり尽くせりですが
私達のお客様は やはり夏を旨とする住宅を求めてこられるお客様が多いです。

まだまだ都会に比べれば山や海・・自然が多いのでそこまでの高気密高断熱を求めるより
中気密中断熱でいい・・私たちも同じ考えです。

確かに省エネルギー化の時代で、機能的には冷暖房効果の高い住宅はいいですが
その環境は人間にとって果たして幸せだろうかと思うのです。

冷暖房効果の高い住宅ということは、冷暖房を使うということ・・
それよりもできるだけ使わなくても済むような住宅、
夏は少々暑く、冬は少々寒いくらいの住宅でも私は良いような気がするのですが。

特に子供たちは、大人になっていろんな環境に対応していかなければならないのに、
暑いとか寒いとか言ってこれからどう生きていけるのか・・
できるだけ電力など頼らず、暑さや寒さもほどほどに和らげてくれる家・・
そんな家をつくっていきたいと思っています

子育ても同じで
自分の都合で遅刻したからと言って お母さんが車で 学校へ送っていくより
歩いてでも学校へ行く・・そんな心の強さを培ってほしい・・と、
子供可愛さもわかりますが そう思います。
最近の家造りと子育て・・国も利益だけに目をやって
他はおざなり・・ではどうかと思うのですが・・。
DSC_0144.JPG
posted by ナカムラ建設 at 07:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする