2011年04月30日

現場では・・。(K様邸)

現場では 壁のセルロースファイバーの吹き込みが終わり

天井に断熱材が入り 天井が貼られていました。

423 002.jpg


427 009.jpg


床もパインの無垢材が 一枚一枚丁寧に貼られていました。

職人さんの手仕事・・写真を撮ろうと思っても間に合いません。

430 019.jpg


430 012.jpg

床を貼った後は

その床に傷がつかないように 養生をします。

養生シートを角から何センチ・・と、測って貼り

その上に 養生板を敷いておきます。

せっかくきれいに貼ってあるので 傷をつけないためです。

430 022.jpg
posted by ナカムラ建設 at 15:41| Comment(1) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パイン材、いいですね。

経年劣化でいい味出て、そこの歴史を感じます。

パイン材のような無垢材と仲良くするには、「気を使わないこと」と思っています。

くれぐれも磨き過ぎないように。

Posted by pieddepoule at 2011年05月01日 08:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。