2012年05月15日

ここは?

建物だけでも見ておいでと勧められた旅館は 築○○年?

今では手に入らないだろう地松の梁が がっちり組まれ

和室の味も 洋室の味も 兼ね備えている。

若葉の香りも

雨のしずくで潤い

ちょっと凛としているよう・・。

忘れられかけた自然の中で

「和」を満喫。
0503 040.jpg

0503 030.jpg

0503 022.jpg

0503 061.jpg

0503 065.jpg

0503 066.jpg

0503 082.jpg
posted by ナカムラ建設 at 10:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。