2012年08月26日

積極さと謙虚さ



p-goods3.jpg

堀田さんの朝礼より



おはようございます。



皆さん、今日もお元気ですか。
元気な気持ちは、健康の源です。
今日も一日、張り切って楽しく過ごしましょう。





時々、積極さと謙虚さを誤解している人を見かけます。



積極的に発言したり、積極的な行動を取ることはとても良いことです。



しかし、積極さというのは、強引なことでも、傲慢なことでもありません。



「能ある鷹は、爪を隠す」という言葉があります。



これは、優秀な人ほど、その優秀さを表に出さないという意味です。



私は、この言葉と同様に、積極的な人ほど、積極的な態度を隠し、



より謙虚さを持つべきだと思います。



積極的に発言したり、積極的な行動を取ることは良いことですが、強引であったり、傲慢に思われては意味がありません。



どんなに積極的な発言をしても、相手に威圧感を感じさせたり、威張ったりしていては、その積極的な姿勢が、欠点となってしまうのです。



積極的だからこそ、注意をしなければならないのは、謙虚さについて十分に意識することです。
私は、謙虚さというのは、相手を敬うことだと思っています。



例え自分のほうが上の立場であっても、上であることを理由に、下のものを見下したり、軽んじたりしてはいけないのです。



謙虚さというのは、消極的になることではありません。また、控えめになることでもありません。



謙虚さというのは、自分を抑えることで、我慢することでもないのです。



謙虚さというのは、相手の立場を理解し、上の人に接するように敬うことなのです。



私は、謙虚さという大きさの中に、積極さが存在していなければならないのだと思います。



積極的な人ほど、もっともっと謙虚さを持つ必要があると思うのです。



積極的な人ほど、相手によってはしつこく思われたり、強引に思われたりするのです。



それでは、折角良い面である積極さを潰してしまうではないですか。



積極性がある人は、消極的な人よりも遥かに有能な人材です。



だからこそ、謙虚さを兼ね備えてほしいのです。



私は、そのように私自身に言い聞かせています。

アップこそ遅くなりましたが 毎朝 このようなお話を聞けて 自分を振り返れる時間がある・・幸せなことです。
日々の暮らしの中で忘れていること・・心の中で 反省です。





posted by ナカムラ建設 at 09:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする