2013年08月30日

いただきます。

29日の今朝の説法は日蓮宗 経王寺 ご住職のお話でした。
今まで色んなお坊さんたちが「いただきます」と、いう言葉についてお話してきましたが
何度も同じテーマが出るのは忘れないで欲しい・・それだけ大事なことだからです。

「いただきます」はあなたの命をいただき、私の命の糧にしますという意味です。
やさしい話ではありません。
私が昨日食べた、ご飯 も 魚 も 野菜 も 肉 も
全部、私の体の一部になっているのです。
色々な命が私の中で生きています。
こしひかり も あじ も 黒部和牛 も
みんな体の中で生きています。
だから、私の命は私のものであって、私のものではありません。
私を活かしている多くの命たちのものです。
大自然と私は一体 私の中に宇宙があるのです。
「いただきます」
は他の命をいただくことであり
多くの命たちと、これから一緒にずっと生きていくという
誓いの言葉でもあります。
他の命をいただいて生きていく目的は
仏の修行を完成するためです。
そのために命をいただくのですから
責任重大!
いただきます と言った以上
仏に成ることをあきらめない覚悟が必要です。
食べ物だけじゃありません。
言葉も同じです。
仏さまの言葉を
いただきました
と言うのなら、
仏さまになれるような生き方をしなくちゃね!
と、締めくくられました。

飽食の時代の中で これは食べなくても あれがある。
あれだけ食べていればいい・・と、自分だけの考えの時もありましたが
「命をいただく」意味・・とても深く広いのだと感じました。
0114 002.jpg
posted by ナカムラ建設 at 07:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする