2013年09月10日

おもてなし

2020年 オリンピックが決定し 元気がでてきた日本。
滝川クリステルさんが 「おもてなし」の心をスピーチされたのが話題になっています。
「おもてなし」とても優しい響きで意味を調べれば
客を取り扱うこと。待遇。「手厚い―を受ける」
食事や茶菓のごちそう。饗応。「茶菓の―を受ける」
身に備わったものごし。身のこなし。
とりはからい。処置。取り扱い。
などです。

私たちは 御施主様の自宅に伺ったり
御施主様に自宅兼事務所に来ていただいたりですが
この「おもてなし」が取り沙汰され 今また 自分たちを振り返っています。


たまたま今朝の説法では 無欲について説法がありました。
無欲という言葉がありますが、その一方で、人は欲がないと成長しないともいわれています。
しかし、時にその欲は際限なく湧き起こり
人を傷つけ、苦しめ、悲しませる結果につながっていきます。
これを、貪る(むさぼる)欲と書いて
貪欲(とんよく)と言います。
一般には どんよく と言った方がわかりやすいかもしれません。

この貪欲は、お金や物であったり、名誉や名声であったりします。
欲しい物が手に入った時、一時的には満足感を得るかもしれませんが
本当の喜びを得ることはないでしょう。

反対に、人に対して施すことによって
人が喜ぶ顔を見て自分が喜ぶ
これが一番の喜びであり、生き甲斐になるものです。

その施しは、お金や物だけではなく
笑顔や、言葉や、心であったりします。
相手からの見返りを求めない施し、
これを 布施といいます。

私が、私がと内に向いている眼を
どうぞ・・と、外に向けてみてはどうでしょう。・・と締めくくられました。

自然にこういう所作を身に付け 自分が・・自分が・・の[が」を捨て
・・まだまだ勉強です。


1031 014.jpg



posted by ナカムラ建設 at 08:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする