2017年10月04日

思い出

あの日から一週間・・あっという間でしたが
懐かしい近所の人と会い 昭和を駆け抜けた母を今になって想ったり・・。

私たちが小学生のころ すぐ前の家は小さな日用品店をされていて
おばさんにはご主人と長女のみゆきちゃん、長男のよしゆき君がいてとなり近所 
とてもよくしてもらっていました。
近所の小さな子供があつまり 遊んだり いたずらしたり
ひと声かけると 誰ともなく集まってくるそんな隣近所でした。
となりの子もうちの子もみんな同じ‥という感覚なのでしょうか
私達の参観日には 母は小さなよしゆき君をおんぶして 授業参観に行ってもらった・・と
そんな話をおばさんから聞いたのはつい数日前。 
当時は 昭和30年代・・授業参観もアットホームだったようで・・
小さな小学校で 母の背中で見る学校は よしゆき君の目にどんなに映ったのか・・。

あれから数十年 
そのよしゆき君は学校の先生になり よしゆき君の子供も同じ教職の身だそうで。
あの時のおんぶで参観日・・から今に・・なんだか懐かしい昭和の話。
DSC_0018.JPG
posted by ナカムラ建設 at 18:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする