2014年10月23日

躯体検査

DSC_0229.jpg

昨日は周南市の現場の躯体検査の日でした。
金物や筋交いが決められた通りに入っているか
検査機構の検査員の方が入念な検査をされました。
スケールで長さを計ったり 写真を撮ったり・・ありがとうございました。
検査後 このように丁寧に仕事をされていると完成までもきちんと仕事をされるのが見える・・と、
ありがたいお褒めの言葉。

私たちの工務店には 営業も兼ねる社長兼職人の主人と
もう一人仕事を熟知した職人が常に従業員でおります。
大工工事だけを頼む外注の大工さんに仕事を頼む工務店と
自社で大工さんを従業員にしている工務店とは
やはり違う・・と、おっしゃっていました。
今はカタログ一枚で家を買う時代になってしまいましたが
やはり 大きな仕事を任せる大切さ・・
いろいろな現場の検査をされるからでしょう
一軒一軒丁寧に仕事をすることの大事さを教えてくださいました。

躯体検査が終われば金物や筋交いは隠れてしまいますが
こんな隠れてしまうところをほめてもらって 
筋交いや金物たちもより一層力を発揮してくれることでしょう。
posted by ナカムラ建設 at 07:03| 周南市 T.S様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

工事の流れ

周南市の現場では 断熱材のセルロースを吹くための準備をしています。
写真では2階には窓がありませんが これから耐力面材を窓の大きさに切ります。
DSC_0196.jpg

2階の屋根にはルーフィングが貼ってあるので もう雨が降っても大丈夫。

DSC_0190.jpg

DSC_0189.jpg

2階の壁を造ってから1階の屋根にかかります。
いろんな順番があるんですね。
posted by ナカムラ建設 at 06:57| 周南市 T.S様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

言い伝え。

台風一過の昨日 無事上棟しました。
上棟・・この日にはじめて柱が建つので 天気は一番の味方です。
本来なら 前日までには足場も架かっていて 柱などの搬入も終わっていて
上棟当日はすぐ仕事が始められる状態なのですが
大きな台風なので 最後まで様子見のため 当日の足場架けになり
木材搬入も朝いちでした。

それでも大工さんたちのおかげで 夕方には棟があり一安心でした。
外周。土台は4寸桧を使っています。
また昨日はお昼すぎ満潮だったので満潮までの塩水を汲みに海まで行きました。
昨日は台風で近寄れないほどだったでしょうが
昨日の海はキラキラ輝き お祝いしてくれているようでした。
DSC_0115.jpg

その塩水を棟があがった一番高い棟木にまきます。
写真を撮ろうと途中まで上がったのですが
ナカナカ・・難しくて・・それでもようやく撮れた写真がこれでした。
DSC_0154.jpg

DSC_0152.jpg
昔からの言い伝えで 満潮までに棟をあげる・・といいます。
暦の関係で それができない場合はこうして満潮までの塩水を棟木にかけるそうです。
先人たちの教えのままですが 必ず守っています。
DSC_0116.jpg

DSC_0131.jpg

DSC_0149.jpg



posted by ナカムラ建設 at 07:05| 周南市 T.S様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする