2015年04月09日

和室 天井張

周南の現場では 大工さんたちが内装工事の最終段階です。
昨日は 和室の天井を張ってもらっていました。
このI様邸は 木の良さを生かした真壁工法です。
大壁工法と違い 柱もしっかり見えるので
大工さんたちも 大工さんらしい仕事が多くあります。
床柱は紫檀を使いました。
天井は 一般的には底目地天井とかなのですが 
I様邸には 杉板を張りました。
節のない きれいな板でした。
DSC_0083.JPG

DSC_0084.JPG

大工さんも一枚一枚木目を見ながら丁寧に張っていきます。
木が好きと言われる方には 落ち着いた感じで おすすめです。
(我が家にも板を張っているのですが けっこう節があります。
約20年近くですが・・飴色に・・)
DSC_0104.JPG
posted by ナカムラ建設 at 06:33| 周南市 I様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

自分家らしく。

周南市のI様邸では 室内工事の真っ最中です。
目に見えて加わっていくものの中に 奥様の作業机があります。
樹種は楠・・ご主人が収集された木材のひとつです。
自然の風合いそのままですが 木のいい香りが部屋中に広がります。
まさに森林浴といったとこでしょうか。
手仕事で洋服をリフォームされたり手先の器用な奥様がこの机で作業される・・
そんな姿を想像しながら写真に収めました。

そしてまだ取り付けてはいませんが 解体した家で使われていた床柱も
この家に迎い入れる予定です。

ひとつひとつ 自分家らしくなっていきます。

CIMG0633.JPG
posted by ナカムラ建設 at 07:07| 周南市 I様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

木の香り

周南市の現場では 外壁工事が終わり 室内工事に入っています。
この家は 和室は懐かしさを残した真壁工法です。
主流の大壁工法と違って 柱が見えます。
和室・押入れの床は ヒノキの板を一枚一枚張ります。
DSC_0169.JPG

寝室は大壁工法なのですが 押入れの中やクロゼットの中には杉板を張ります。
現場の中に入ると さわやかな木の香りがします。
DSC_0165.JPG





posted by ナカムラ建設 at 06:36| 周南市 I様邸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする