2017年01月14日

バルコニー、いりますか?

夜 きれいな星空を眺めたり 夏は夕涼みしたり・・。
そして 主婦には主に 洗濯物を干したり 布団を干したり・・活躍中のバルコニー。
2階の一か所の部屋からではなく 間取りや広さの関係で 造れないこともありますが 
自分たちが使う寝室からも出入りできるバルコニーが理想ではないかと思います。
子供室からだけという場合もありますが 子供が小さい時はいいのですが
寝ている時や大きくなってからは 安易に出入りしずらい時もあるかもしれません。
そして 外部と接しているため 手すりを拭いたり床部分の掃除も必要になります。

最近はベランダを付けない・・というご施主さんもおられます。
それでも布団を干したいという方には 布団が干せるバーも出ています。
1.jpg
(私たちもお気に入りのT様邸ベランダ)
ベランダとは、建物の外に張り出した屋根付きのところのこと。
広さにもよりますが、屋根があるため、雨の日でも洗濯物を干すことができる。
バルコニーとは、2階以上の室外に張り出した屋根のない手すり付きのところのこと。
posted by ナカムラ建設 at 09:30| マイホームまでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

工務店選び



良い家を建てられる人と建てられない人の違いって何でしょうか?
良い間取りをつくれるかどうか?
予算に合った家づくりをすること?
おしゃれなデザインを提供してくれるから?

どれも大切ですが、実はものすごく重要という訳ではありません。
良い家をつくりために大切な事は大きく2つあります。
1番大事なのは実力のあるレベルの高い会社や工務店で家を建てる事。
そして次に工務店との相性です。

2013-33.png
・・こう教えてくださったのは設計士さんで 住宅の設計や 建築業者さんにセミナーなどをされていて
「家の建築士」としてだけでなく、工務店・数十社が集まるセミナーの講師などをされている方。
何度と開催されるセミナーで 住宅業界のある事に気付かれたそうです。
それは、住宅業界とはレベルの高い工務店とレベルの低い工務店の実力の差がすごく大きな世界であるという事。
どのような業界でもレベルの差はありますが、古い体質が強く残る住宅業界はこのレベル差がとてつもなく大きいそうです。
最初の入口である工務店選び(住宅会社選び)を間違ってしまうと、あとでどうやっても取り返せない程の差がついてしまうそうです。
この仕事を長く続けていると 〇〇建設の営業をしていて独立されて建築会社を興されたり・・辞めていく工務店もあれば新規に始められたところもあり・・たくさんの建設会社があります。
そんな中で「実力のあるレベルの高い会社」を探すのは大変な作業です。

上棟の時など手伝いに来てくださる職人さんは やはりいろんな工務店に手伝いに行かれるそうで その差に気付かれるのが一番早い人たちだと思っています。
〇〇はどうだ・・とか
〇〇は・・と業者間の文句になるので言えませんが そういう話はよく聞きます。

高いお金を出せば良い工務店や住宅会社を選べるという訳では無いと言うのが、
より判断を難しくさせているのかもしれません。
宣伝広告にお金をかけたり いろんなセミナーで宣伝したり
もちろん予算がある方が良い会社を選ぶ可能性は高くなりますが、一概に金額では判断できないのが工務店選びの難しいところかもしれません。



posted by ナカムラ建設 at 09:28| マイホームまでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

家造り・・どこに頼んだらいいの?


初めてのお客様との会話の中で

「今 工事をさせていただいている現場は一軒だけです。」と、言うと
 聞かれた人はいろんな反応をされます。

「一軒だけ・・そんなに暇なの? 大丈夫?」
「仕事を頼む人が少ないの?」・・と、不安がられる方がおられる一方で
「一軒だけ その家だけ 熱心に工事してもらえるんですね。」と、喜んでくださる方。

私たち職人の体はひとつなので 何軒も何軒も 掛け持ちでの工事はできません。
工務店にもいろんな工務店があります。
ハウスメーカーや工務店の下請で建築工事をされる工務店。
ハウスメーカーさんや設計事務所や不動産屋さんなどから仕事を受ける工務店。
そして私たちのように お客様から直接仕事の依頼を受けて 自分たちが直接工事をする工務店。
その工務店によって 仕事の種類も内容も変わってきますが
小さな工務店は たくさん受注をもらうことより 仕事の質を重んじています。

一軒一軒 図面から考え 住まわれる方の暮らしぶりや要望をお聞きし
 何度も打ち合わせを重ね 工事にかかるので
ハウスメーカーさんのように 年間受注件数を競う仲間にも入れてもらえないです。
年間3〜4棟・・ですが 建てられる方に満足いただける・・それが私たちの願いでもあるわけですから・・。
80.jpg

posted by ナカムラ建設 at 09:39| マイホームまでの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする